女性も投資をする時代!人生は投資でもっと豊かになる!

女性も投資をする時代!人生は投資でもっと豊かになる!

「投資」という言葉を聞くと、なんとなく「男性が興味を持ちそう」「難しそう」といったイメージをお持ちの方が多いのではないでしょうか。しかし、今は女性にも投資が必要とされる時代なのです。今回は、なぜ女性にも投資が必要となってくるのか、またどうやって投資への一歩を踏み出せばよいのかを探っていきたいと思います。

 

1. 一生で動いているお金っていくら?

まず初めに、女性が生まれてから亡くなるまでに動いているお金をざっくりと追ってみましょう。

0歳     生まれる

1~12歳  保育園・幼稚園・小学校 未就学児~小学生のお小遣い  月平均1784円

13~18歳 中学校・高校       中学生・高校生のお小遣い 月平均2448円

19~22歳 大学             最低賃金(全国加重平均額)時給798円

23歳       就職                 大卒女性初任給 月平均19万7200円

24~28歳 会社勤務          20代単身世帯の支出 月平均19万9560円

29歳    結婚

33歳    出産                出産費用約50万円

36歳    分譲戸建住宅購入   購入資金平均3684万円

39~58歳 子供の幼稚園~大学  19年間の平均学費 公立1092万円 私立2469万円

                  学外活動費(小学校) 公立約20万円 私立約56万円

                  仕送り(家賃込み) 月平均12万4000円

60歳    定年退職       女性の退職一時金 平均1227万2000円

62歳    海外旅行       海外旅行費 1人当たり平均23万9000円

65歳~   年金受給       厚生年金平均月額 14万8000円

                  国民年金平均月額 5万5000円

                  老夫婦世帯の消費支出 月平均24万1266円

75歳    親の葬儀       葬儀費用全国平均 188万9000円

77~92歳 犬を飼う       犬の生涯必要経費 約188万円

 

今や5人に1人が90歳代まで生きる時代と言われています。もちろん子供の人数や住んでいる場所、老後の過ごし方などは一人一人異なるため多少のずれは生じますが、女性が生きていく上で一体どれほどのお金が動いているのか、大まかに捉えることができたでしょうか。

 

2. 投資の必要性

上で追ってきたお金の動きを見て、「意外とかかるんだな…」と思った方もいらっしゃったかもしれません。実際、日本の人口統計によると65歳以上の人口は女性が男性よりも30%以上多くなっています。ということは、女性は男性よりも長生きする分、より長期的な目でお金と向き合っていかなければならないのです。しかしここで問題なのが、女性の平均所得がいまだ男性よりもかなり低いということです。「男性は外、女性は家」という伝統的な家の在り方が根強く残っている部分もあるせいか、家事や育児、親の介護などは女性の役割とみなされているケースが多く、これでは女性が高収入やキャリアアップを目指すことが難しいと言えます。また女性経営者の方の場合、自分が出産や育児などで一時的にビジネスを離れては会社がまわらないかもしれない、というように考えて仕事に没頭してしまうこともあるかもしれません。

このような問題を解決するために必要となってくるのが「投資」なのです。働く女性が増えた今、自分ではなくて「お金にも働いてもらう」ことこそが、女性が自分らしく豊かな人生を送るための重要なポイントとなってくるのです。

 

3. 投資と女性の関係―日本の現状とは?

ここで、日本における投資と女性の関係について現状を見ていきましょう。なおデータについては、2010年から2018年において公務員や会社員の方を対象に行われた投資行動に関するアンケート調査から女性のデータを引き出したものに基づいています。

―投資に対する女性のイメージ

まずは、投資に対して日本人女性が抱いているイメージを探ってみましょう。調査によると、投資に関して「楽しい」「明るい」といったポジティブなイメージは2010年から2018年にかけて18.5%から26.7%まで増加しました。しかし一方で「ギャンブル」「怖い」といったネガティブなイメージは若干上昇して34.2%を占めています。さらに「リスク」というイメージは2010年に比べると減少したものの39.1%を占めており、全体的にはポジティブなイメージが増加している傾向にあるものの、いまだ投資に対してネガティブなイメージを抱く女性は多いようです。

―「何から始めたらいいのか」が分からない

女性が投資をしない理由についてのアンケート調査で、投資を始めるにあたって「何をすればよいのかわからない」という回答が全体の31%を占めています。これは投資が必要とされる現代において非常に大きな問題と言えます。一方、2010年に最も多かった「投資をするのにまとまった資金がないから」という回答は、調査を続けるうちに2018年には44.2%から29.1%に減少しました。この減少の裏には、2014年に導入されたNISA(少額投資非課税制度)や2017年に導入されたiDeCo(個人型確定拠出年金)の存在があると言えます。しかしこれらの非課税制度が少し複雑であるため取っつきにくいと感じてしまうことが、「何をすればよいのかわからない」と感じる女性が多い原因の一つと考えられます。忙しくてなかなか時間が取れないというサラリーウーマン、女性経営者であればなおさらです。

 

4. 女性の投資活動をもっと促進するには?

以上のデータから、今後日本において女性による投資を拡大していくためには、まずは投資を身近に感じてもらうことが大切だと言えます。そのために必要なことを、2019年2月に日本人女性を対象に行われたアンケート結果をもとに考えてみましょう。

―投資はお金だけじゃない!

「現在自分の生活を向上させるために行っていること」という質問について、回答数が多かった順に預貯金、健康維持、旅行、美容面での自分磨きが挙げられました。実は健康維持や旅行、美容面での自分磨きというのは、自分のために行っているものであり自分への投資と捉えることができます。「行っていることはない」と回答した人の割合は27%であったため、アンケートの対象となったうち3分の2の女性が自己投資を行っていることが分かります。

その一方で、投資について「自分とは関係がない」と答えた人の割合は73%に上る結果となりました。このことから、多くの女性が投資を「お金に関すること」と捉えていることが見えてきました。

しかし投資を「自分の生活の向上のために行うこと」として健康維持や美容と同じように考えれば、より身近なものとして気楽に感じられるのではないでしょうか。

 

―周りの人と話し合ってみる

「投資信託や不動産、株式などへの投資について周りの人と話をするか」という質問について、「周りの人と話をする」と答えた人はわずか17%でした。またこの中で投資を行っている人の割合は30%で、「周りの人と投資の話をしない」と答えた人の中で投資を行っている人の割合は7%にも及びませんでした。

このことから、投資を始めるためにはまず周りの人と投資について話し合ってみることが必要だと言えます。

 

5. まとめ

今回は、現代を生きる女性にとってなぜ投資が必要なのか、またいかにして投資に踏み出せばよいのかを考えてきました。いまだ投資に対する女性のイメージはネガティブなものが多いですが、実は投資をしている人の方が、していない人に比べて自分自身の現在の生活に満足しているのです。たくさんの女性が社会で活躍している今こそ、より豊かな生活を目指して投資を始めてみることをお勧めします。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 法人での不動産投資で節税!?アメリカ不動産の魅力とは

    2020-5-22

    法人での不動産投資で節税!?アメリカ不動産の魅力とは

    経営者の皆さんにとって、自社における節税対策は毎年頭を悩ませるものでしょう。そもそも、節税対策として…
  2. 実は女性こそが向いている⁉不動産投資のお話

    2020-5-20

    実は女性こそが向いている⁉不動産投資のお話

    社会へ出てキャリアアップを目指す女性がますます増えてきた現代、働く女性にとって忙しい日々の中で「お金…
  3. 女性も投資をする時代!人生は投資でもっと豊かになる!

    2020-5-11

    女性も投資をする時代!人生は投資でもっと豊かになる!

    「投資」という言葉を聞くと、なんとなく「男性が興味を持ちそう」「難しそう」といったイメージをお持ちの…
大阪で土地活用なら進和建設工業
ページ上部へ戻る
Retro jordans for sale, Cheap foamposites, jordan retro 5, cheap jordans for sale, foamposites For Sale, jordan retro 12, jordan retro 11, Cheap jordans for sale, jordans for cheap, jordan retro 11 legend blue, retro 12 jordans, cheap soccer jerseys, Canada Goose sale, cheap jordans, cheap jordan 12