海外不動産投資でリスク分散

海外不動産

なぜ海外不動産投資なのか

そもそも不動産投資には2つの収益が考えられます。
家賃収入のように継続的に得られるインカムゲインと、不動産が値上がりしたときに売却することで得られるキャピタルゲインです。

どちらもポイントとなるのは、人口の拡大が見込め、高い経済成長率が維持されている国の不動産に投資をするということです。

日本の場合は、これから少子化による人口減少が予想されるため、必然的に住宅の需要が減っていきます。
つまり、不動産価格が思うように値上がりしない、あるいは下がる可能性のほうが高いと考えられます。

もちろん、都心の一等地などの例外はあると思いますが、リスク分散の意味からも海外不動産を検討することは重要だと思います。

 

どの国の不動産に投資するのがいいのか

注目を集めている投資先は、主に東南アジア諸国とアメリカです。

東南アジア諸国(中でもマレーシア、フィリピン、タイなど)は、これから経済成長が見込まれる国で、それに伴い人口も増加していくと考えられています。
当然ながら富裕層の数も増えていくでしょうから、彼らをターゲットとしたタワーマンションなどの建設も増えていくと予想できます。

一方、アメリカは堅実に不動産投資をおこないたい、セカンドハウスとして購入したいというニーズを持った方が投資先として選ぶ傾向があります。
これは、日本と違ってアメリカが人口増加を続けている国という理由もさることながら、先進国のため比較的情報も多く、かつ入手もしやすいという理由もあるようです。
たとえばハワイのセカンドハウスを購入し、利用しない期間はホテルとして貸し出すことでコストを抑える(収益を増やす)方法も人気です。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2017-6-29

    アメリカの保険会社の生命保険の活用方法「資産継承/退職後の受給」

    日本に住んでいてもアメリカの生命保険に加入したい!という人が増えてきているように、日本とアメリカの生…
  2. 2017-6-18

    ロングステイならでは沖縄の魅力

    「旅行」ではなく「生活」でしか味わえない経験 ロングステイを体験したことはありますか? ロングス…
  3. 2017-1-6

    ケトジェニックダイエットで健康的な体を作る

    体質を変えて健康的に痩せる ダイエットで禁止されがちなお肉も食べてOK、体重も減る、体も健康的にな…

ニュース&トピックス

  1. 【海外不動産投資】と一口に言っても、運用の仕方はその国に大きく左右されます。そのため、運用目的に合わ…
  2. 富裕層向けラグジュアリーライフスタイル情報サイト「CONEKUTO」をオープンしました。 相続、事…

アーカイブ

大阪で土地活用なら進和建設工業
ページ上部へ戻る
Retro jordans for sale, Cheap foamposites, jordan retro 5, cheap jordans for sale, foamposites For Sale, jordan retro 12, jordan retro 11, Cheap jordans for sale, jordans for cheap, jordan retro 11 legend blue, retro 12 jordans, cheap soccer jerseys, Canada Goose sale, cheap jordans, cheap jordan 12