ラグジュアリーカード徹底ガイド

富裕層の一つのステータスであるクレジットカード。中でもLUXURY CARD(ラグジュアリーカード)は、「金属製のクレジットカード」として人気上昇中です。

ゴールドとブラックとチタンの3種類があり、どれも独特な高級感が漂い、金属ならではの質感と財布の中で発する存在感は、語らずともわかる成功者のオーラを醸し出します。
というのも、ラグジュアリーカードは独自の審査基準があり、公開はされていませんが、年収1,000万円程度ないと作れないという説もあります。
カードのグレードによって受けられるサービスや年会費が異なるため、審査基準も変わるはずです。

本記事では、ラグジュアリーカードのメリット・デメリットや最新情報などをお届けします。

 

ラグジュアリーカードとは。一枚のカードに特許技術がずらり

ラグジュアリーカードは、富裕層向けクレジットカード会社「Black Card」と提携して、アメリカで誕生した高級クレジットカードで、2016年11月より日本に上陸しています。

ラグジュアリーカードは、カード表面を金属製に仕上げ、ゴールドカードなら24金、ブラックカードやチタンカードは、ステンレススチール(表面)とカーボン素材(裏面)を採用し、高い耐久性と質感、そして美しさを表現しています。なお、ブラックカードとチタンカードは、素材は同じですが、チタンの方は磨き加工が施されたカードで、十分高級感は伝わります。

ブラックカードは、本家のブラックカードと同じ様に、漆黒の質感が不思議な雰囲気を伝えています。

実は、ラグジュアリーカードは41種類の特許技術が使われており、クレジットカード一枚に技術の粋が詰め込まれています。
ラグジュアリーカードを落とすと、金属の音を発します。薄いカードなのに金属の音が発するのはそれだけで多幸感を得られます。

 

ゴールドカードは光り輝く圧倒的な存在感!

ゴールドカードの存在感は圧倒的です。純金でコーティングされたカードは、光を反射し、まばゆい輝きを放ちます。たとえ財布の中に入れていたとしても、部分的に出ている所が光り輝き、存在を示している様に感じます。

他のカードでは、ゴールドカードはランクが劣ります。なぜ、ラグジュアリーカードはゴールドが最上級なのでしょうか。それはブランディングです。
金は、古来より価値の下がらぬものとして重宝されており、その事実を取り入れているそうです。言葉としてのプラチナやブラックカードより、黄金に輝くカードの方がわかりやすく、ステータスアップを感じさせます。

金属製のラグジュアリーカードを入手できたなら、今までのクレジットカードはやがて使わなくなるでしょう。

 

ゴールドカードはインビテーション。他は審査制

ラグジュアリーカードのゴールドカードは、インビテーション(招待)制になるため、真のプレミアムカードと言えるかもしれません。その他のブラックカードやチタンカードは、申込み制で、審査が通れば所有することができます。

インビテーション制のゴールドカードは、ブラックカードやチタンカードを所有し、クレジットを使い続ければ、招待が来るかもしれません。基本的にこちらから電話をしても通らないことが多いため、計画的に活用し時期を待ちましょう。

もし、ラグジュアリーカードの営業マンと知り合うことができれば、ゴールドカードの所有まで一気に近づくかもしれません。人脈を辿っていくのも一つの方法です。

 

気になる年会費は?!他のクレカと比べると設定額も高め?

ラグジュアリーカードの年会費はいくら位なのでしょうか。
富裕層になれば、維持費に関しては気にならなくなり、逆にサービスを受けられることを考えると十分安いと思えてきます。

【年会費】

  • チタンカード………50,000円+消費税
  • ブラックカード……100,000円+消費税
  • ゴールドカード……200,000円+消費税

ちなみに、本家アメリカのラグジュアリーカードと比べると、日本国内の方は高く設定されています。おおよそ、半分の値段の年会費と言われています。これは、日本国内の方が人件費をはじめとしたコストが高いからです。
教育された24時間対応のコンシェルジュとなると、地方に拠点を設けたとしても、人件費は高くなります。英語圏のアメリカならば、海外に拠点を構えられるため、コストカットができます。

ちなみにラグジュアリーカードは他のカードより高いのでしょうか。

ラグジュアリーカードとライバルと言われているカードの年会費を並べてみます。

  • アメックス・プラチナ……………130,000円+消費税
  • アメックス・センチュリオン……350,000円+消費税(入会金:50万円)
  • ダイナーズ・プレミアム…………130,000円+消費税
  • JCBCB ザ・クラス……………………50,000円+消費税
  • 三井住友プラチナ…………………50,000円+消費税

と、ほとんどのカードより高く設定されています。飛び抜けて高いのは、アメックス・センチュリオンカードです。入会金が50万円(税抜)かかり、さらに年会費が35万円(税抜)かかります。

ラグジュアリーカードの数々の特典。年会費が安く感じる

ラグジュアリーカードの特典は多く、溜まったポイントの活用も悩むところです。その他、年中無休の24時間対応コンシェルジュサービスが受けられます。

 

ラグジュアリーカードのポイント制度

ポイントは、月間利用額に応じて付与されます。1,000円につき1ポイントが基本となっていて、還元率を計算すると0.5%です。なお、海外でクレジットカードを利用した場合は、2倍になります(還元率1%)。

一定以上金額を利用し、カードのグレードによってポイント還元は変わります。

  • ゴールドカード:年間利用金額200万円以上:1,000円ごとに3ポイント
  • ブラックカード:年間利用金額100万円以上:1,000円ごとに2ポイント
  • チタンカード:年間利用金額100万円以上:2,000円ごとに3ポイント

ポイントの交換は、キャッシュバックや金券、ギフトカードなどありますが、レートを考えるとあまり美味しいとは言えません。例えば、キャッシュバックならば、200ポイントで1,000円です。

それ以外にも使い道があります。ペトリュスやクリュッグなど、レアなヴィンテージワインをお手頃なポイントで還元することができます。金券やキャッシュバックは、実用性が高いのは良いものの、他の方法でも簡単に入手できます。それより、体験を得られるレアなヴィンテージワインの方が、お得感があります。

また、ポイントはワインの輸入専門商社「フィラディス」で使うこともでき、ポイント還元率は高くなります。ゴールドカードで200万以上年間に使うならば、3.30%まで高くなります。

 

24時間対応コンシェルジュサービス。ラグジュアリーカード共通

コンシェルジュサービスの対応内容は、カードランクによっては変わらず同一です。サービス内容は多岐にわたっており、24時間対応の秘書がいるような感じです。各種手配や調べ物、飛行機の予約、ツアーの案内など。様々な手配について、わがままが言えます。

海外旅行中に発見した日本未発売の商品など、購入から調べものなど細かいことまでやってもらえます。

ホテルの予約手配などはもちろんのこと、通常のルートでは予約できなくても、会員専用に用意している場合もあります。

ちなみに、コンシェルジュサービスへは電話だけでなく、メールでの依頼も可能です。

ラグジュアリーカードのコンシェルジュからのささやかなサプライズもあるようで、使うたびに高い年会費がお得のように思えてくるはずです。

 

期間限定サービスも!会報誌で最新情報をキャッチ!

ラグジュアリーカードには期間限定サービスもあります。例えば、限定のワインが申込みできることや、航空会社の特別優待特典なども得られます。最新情報は、3ヶ月に1回のペースで発行されている「ラグジュアリーマガジン」を見てみると良いでしょう。

旅やインテリア、不動産、自動車、テクノロジーなど経営者層に関心の高い内容が特集として掲載されます。

今、お得なサービスが何かを知っておきましょう。

 

まとめ

ラグジュアリーカードについて情報をお届けしました。
金属製のクレジットカードで、基準の高い審査を通過した人が持つことができます。最高ランクのゴールドカードは、純金でコーティングされており、ゴージャスかつ光の反射が高級感を漂わせます。

活用できるサービスも多岐にわたっており、24時間対応のコンシェルジュサービスやポイントの様々な還元、そしてワイン好きにはたまらないレアなヴィンテージワインがお得に入手できます。

使い方次第で、価値がさらに高まります。ラグジュアリーカードを所有し、ワンランク上のライフスタイルを送ってください。

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2018-9-13

    ラグジュアリーカード徹底ガイド

    富裕層の一つのステータスであるクレジットカード。中でもLUXURY CARD(ラグジュアリーカード)…
  2. 2018-6-1

    海外不動産投資の魅力や特徴は?!資産価値は落ちにくく節税にも!

    Photo by Sean Pollock on Unsplash 国内不動産への投資から、海…
  3. 2018-5-29

    仕事が忙しい医師にほど不動産投資による資産運用をおすすめしたい理由

    本業以外にも、収入に厚みをもたせていくために、副業や投資を選択する人が増えています。これは、所得が低…

ニュース&トピックス

  1. 富裕層向けラグジュアリーライフスタイル情報サイト「CONEKUTO」をオープンしました。 相続、事…

アーカイブ

大阪で土地活用なら進和建設工業
ページ上部へ戻る
Retro jordans for sale, Cheap foamposites, jordan retro 5, cheap jordans for sale, foamposites For Sale, jordan retro 12, jordan retro 11, Cheap jordans for sale, jordans for cheap, jordan retro 11 legend blue, retro 12 jordans, cheap soccer jerseys, Canada Goose sale, cheap jordans, cheap jordan 12