デュアルライフにオススメの国 – シンガポール

シンガポール

デュアルライフとは

デュアルライフとは二域居住とも呼ばれ、その名の通り二つの生活拠点を持ったライフスタイルのことです。
一般的には東京と地方というように、国内の二拠点をさすケースが多いですが、富裕層の間では日本と海外というケースも珍しくありません。
もちろん、東京と軽井沢のように、都会と別荘地のデュアルライフをしている方もいます。

では、日本と海外で考えた場合、どこを選択するのが良いのでしょうか。
それぞれ好みも違いますし、ビジネスが主目的かプライベートが主目的かによっても選択する国は異なります。

ここではひとつの例としてシンガポールを取り上げてみます。

 

なぜシンガポールなのか

シンガポールは富裕層の居住率が最も多い国です。
つまり、富裕層にとってシンガポールは魅力的な国のひとつだということです。

シンガポールは日本との関係が深い国のひとつで、親日家が多いのが特徴のひとつです。
日本との時差も1時間とさほど生活に影響もありませんし、東京から約7時間の距離にあります。

東南アジアのほぼ中央に位置しているのも大きなポイントです。
ビジネスにおいては周辺国へ進出する足掛かりとして最適ですし、プライベートでも周辺のリゾート地へのアクセスするのに適しています。

税制面でもメリットが多く(法人税が日本と比べてかなり低いなど)、また、富裕層が多く暮らしているため、富裕層を対象としたサービス(プライベートバンクなど)も充実しています。

教育や医療のレベルも高く、世界でも有数の治安がいい国です。

これだけ見ても、日本とのデュアルライフを送るならシンガポールは検討の価値があるのではないでしょうか。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2017-7-21

    日本の財政は安全なのか?海外不動産を利用した資産分散のメリット・デメリット

    日本の財政は安全なのか? 財務省は2017年3月末時点での日本の借金は1071兆円であると発表して…
  2. 2017-6-29

    アメリカの保険会社の生命保険の活用方法「資産継承/退職後の受給」

    日本に住んでいてもアメリカの生命保険に加入したい!という人が増えてきているように、日本とアメリカの生…
  3. 2017-6-18

    ロングステイならでは沖縄の魅力

    「旅行」ではなく「生活」でしか味わえない経験 ロングステイを体験したことはありますか? ロングス…

ニュース&トピックス

  1. 富裕層向けラグジュアリーライフスタイル情報サイト「CONEKUTO」をオープンしました。 相続、事…

アーカイブ

大阪で土地活用なら進和建設工業
ページ上部へ戻る
Retro jordans for sale, Cheap foamposites, jordan retro 5, cheap jordans for sale, foamposites For Sale, jordan retro 12, jordan retro 11, Cheap jordans for sale, jordans for cheap, jordan retro 11 legend blue, retro 12 jordans, cheap soccer jerseys, Canada Goose sale, cheap jordans, cheap jordan 12