リフォームから手に入れる理想の生活

リビング

住居のリフォームとリノベーション

「リフォーム」とは経年劣化などによって老朽化した部分を新築に近い状態に手直しすることをいい、フローリングの貼り直しやクロスの貼替え、外装の塗り直し、キッチンの設備変更などが該当します。
一方、「リノベーション」は新築の状態よりも性能や価値を付加させることをいい、耐久性や耐震性を高めるための壁の補修や壁をなくして間取りの大幅変更などが該当します。

 

ライフスタイルを考え

”衣食住”といわれるように、住居は生活をする上で欠かせない要素の一つです。
ライフスタイルに合った住居に住むことによって理想の生活を送ることができます。
今の住居はご自身のライフスタイルに適しているでしょうか?

「新築当時はライフスタイルを十分に反映させた住居だったけど、今のライフスタイルには少し合わないかも」…そういったお悩みも少なくありません。
例えば、お子様の自立や結婚、ご両親との同居、転職や定年退職など、日々ライフスタイルは変化をしていくものです。
他にもキッチンやお風呂の設備が古いと感じるようになってきた、省エネ機器を導入してランニングコストを抑えたいなど気になることも出てくるものです。

リフォームのニーズやライフスタイルは人によって異なります。
リフォーム会社の強みや特徴も会社によって異なります。

理想の住まいを叶えてくれる、ニーズにマッチした企業を選択することが重要です。

 

リフォームは環境に優しい

近年、リフォームやリノベーションという言葉をよく耳にするようになった理由の一つに、環境保護の観点が挙げられます。
これまでの日本では新築住居はステータスという考えが根付いていたので、定期的な周期で壊しては立て直す、壊しては立て直すという「ビルド&スクラップ」を繰り返していました。このビルド&スクラップは大量の廃材を生み出し、さらに新築のための大量の材料が必要になります。
一方リノベーションは既存の住宅を利用して改装を行うため、必要最低限の廃材と材料で住むのです。
このように環境保護の観点からみてもリフォームは望ましい手段の一つになります。

 

リフォームをライフスタイル改善の手段の一つとして考えてみてはいかがでしょうか。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2017-7-21

    日本の財政は安全なのか?海外不動産を利用した資産分散のメリット・デメリット

    日本の財政は安全なのか? 財務省は2017年3月末時点での日本の借金は1071兆円であると発表して…
  2. 2017-6-29

    アメリカの保険会社の生命保険の活用方法「資産継承/退職後の受給」

    日本に住んでいてもアメリカの生命保険に加入したい!という人が増えてきているように、日本とアメリカの生…
  3. 2017-6-18

    ロングステイならでは沖縄の魅力

    「旅行」ではなく「生活」でしか味わえない経験 ロングステイを体験したことはありますか? ロングス…

ニュース&トピックス

  1. 富裕層向けラグジュアリーライフスタイル情報サイト「CONEKUTO」をオープンしました。 相続、事…

アーカイブ

大阪で土地活用なら進和建設工業
ページ上部へ戻る
Retro jordans for sale, Cheap foamposites, jordan retro 5, cheap jordans for sale, foamposites For Sale, jordan retro 12, jordan retro 11, Cheap jordans for sale, jordans for cheap, jordan retro 11 legend blue, retro 12 jordans, cheap soccer jerseys, Canada Goose sale, cheap jordans, cheap jordan 12