都会のど真ん中に世界一の庭園オープン

 

2016年10月7日(金)に国内最後の一等地、JR大阪駅北エリアに花と緑あふれる庭園がオープンします。

監修するのは世界一のランドスケープアーティストの石原和幸氏です。

海外のお庭で邪魔な存在として嫌われていた【コケ】を使用したことから「モスマン」の愛称で知られている、石原氏。
石原氏はエリザベス女王も参加する、英国のチェルシーフラワーショー2016にてアーティザンガーデン部門で5年連続ゴールドメダルを受賞。
さらに約500の出展作品の中から1位に選ばれたお庭に送られるプレジデント賞も受賞した、日本が誇る庭師です。

 

『みどり』と『イノベーション』の融合拠点

石原氏の手掛けるメインガーデンは「未来の大阪」をテーマにした幅30メートルの大庭園。
一番上の画像がそのパース画像です。
様々な植物と水の流れが空間を演出し、都会の一等地とは思えない場を作り出します。

それだけではなく、チェルシーフラワーショー2016でW受賞した車庫と庭を融合させた作品「千里千庭(senri-sentei)/ガレージガーデン」も登場予定です。

 

様々なイベントが開催予定

うめきたガーデン最初の応援団「グリーン・サポーター」を一般の方から募集し、力を合わせてオープン前の花壇づくりをしました。

オープン後も茨城・手作りハム焼きや、兵庫・香住のイカ焼きそば、香川・讃岐コロッケなど日本全国のグルメが並ぶ、逸品縁日が行われたり、DIYerで人気ブロガーのMariによるワークショップ、TAMARIBAが行われたりイベント盛りだくさんです。

詳しくは公式HPをご覧ください。

 

グリーンマーケティングの威力

大阪は緑が少ない町だと言われています。
また近年、大阪に限らず全国的に大型ショッピングモールやオフィス内部緑化、店舗の壁面緑化などが盛んに行われています。

緑は人の目を引き、心を捉え、集める力を持っているのでしょう。
一つのマーケティングの手段として考えてみるのはいかがでしょうか。

 

2016年10月5日

編集長 黒木菜緒

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2017-7-21

    日本の財政は安全なのか?海外不動産を利用した資産分散のメリット・デメリット

    日本の財政は安全なのか? 財務省は2017年3月末時点での日本の借金は1071兆円であると発表して…
  2. 2017-6-29

    アメリカの保険会社の生命保険の活用方法「資産継承/退職後の受給」

    日本に住んでいてもアメリカの生命保険に加入したい!という人が増えてきているように、日本とアメリカの生…
  3. 2017-6-18

    ロングステイならでは沖縄の魅力

    「旅行」ではなく「生活」でしか味わえない経験 ロングステイを体験したことはありますか? ロングス…

ニュース&トピックス

  1. 富裕層向けラグジュアリーライフスタイル情報サイト「CONEKUTO」をオープンしました。 相続、事…

アーカイブ

大阪で土地活用なら進和建設工業
ページ上部へ戻る
Retro jordans for sale, Cheap foamposites, jordan retro 5, cheap jordans for sale, foamposites For Sale, jordan retro 12, jordan retro 11, Cheap jordans for sale, jordans for cheap, jordan retro 11 legend blue, retro 12 jordans, cheap soccer jerseys, Canada Goose sale, cheap jordans, cheap jordan 12