アメリカの保険会社の生命保険の活用方法「資産継承/退職後の受給」

日本に住んでいてもアメリカの生命保険に加入したい!という人が増えてきているように、日本とアメリカの生命保険を比べるとかなり条件が異なることはかなり有名な話です。

なぜ、アメリカの生命保険は魅力的なのでしょうか?
その理由は利率の高さです。
では、なぜそのような高い利率を実現できるのでしょうか?

その理由は2点あります。

1点目の理由は保険会社の運用方針の違いです。
日本では日本国籍への運用が高い比重を示しています。
一方、アメリカの保険商品は北米を中心とした株式運用の比率が高い傾向にあります。
また、グローバルな保険会社などは北米、アジア、欧州の社債を1/3ずつ保有しているケースなどもあります。

2点目は法律や規制の違いです。
生命保険や年金は公共的な性質を持っているため、各国の法律や規制に縛られた運用になります。
日本とアメリカでは法律や規制内容が異なるので、日本ではできないことも海外では可能なのです。

 

また、現時点ではアメリカには国民健康保険や社会保険といった健康保険の加入義務がなく、個人の選択によって加入することになっていることから、オバマケア政策による変化は見られるものの、商品ラインナップの多さや自由度高さを生む要因になっているようです。
以下でアメリカの保険会社の生命保険の活用方法を2つ紹介いたします。

 

「資産継承」として

資産承継として生命保険を活用した場合、購入時と死亡時の市状変化の影響を受けることなく、確実に継承されるというメリットがあります。
信託設定なども不要なので、余計なコストもかからないことも他の金融資産との違いとして挙げられます。
活用方法によっては、年金受取総額が3倍になるケースもあります。

 

「退職後の受給」として

人口減少に伴い、公的年金システムに対して不安を感じている方も少なくないでしょう。
平成27年度の満額の老齢基礎年金額は780.100円+厚生年金だと考えると、貰えたとしても少々厳しさを感じてしまう額かと思います。
海外保険を退職後の受給にして、個人年金として利用するケースがあります。
退職後の受給では、50歳のときに加入した場合、65~99歳まで需給が保証されます。
契約の内容によっては、年金受取総額が2倍になるケースもあります。

資産継承、退職後の受給、どちらも受け取り方法、受益者の変更は随時可能です。

 

なぜ生命保険なのか

生命保険は保険料を運用するため、一種の金融資産と言えるでしょう。
しかし他の金融商品(株式や債券など)とは異なり、生命保険という性質上安全に運用されることが多いので、選択肢の一つとして考えてみてはいかがでしょうか?

 

加入にあたっては様々な条件がありますが、海外保険をご検討の方はコチラからお気軽にお問合せ下さい。

 

 

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2017-7-21

    日本の財政は安全なのか?海外不動産を利用した資産分散のメリット・デメリット

    日本の財政は安全なのか? 財務省は2017年3月末時点での日本の借金は1071兆円であると発表して…
  2. 2017-6-29

    アメリカの保険会社の生命保険の活用方法「資産継承/退職後の受給」

    日本に住んでいてもアメリカの生命保険に加入したい!という人が増えてきているように、日本とアメリカの生…
  3. 2017-6-18

    ロングステイならでは沖縄の魅力

    「旅行」ではなく「生活」でしか味わえない経験 ロングステイを体験したことはありますか? ロングス…

ニュース&トピックス

  1. 富裕層向けラグジュアリーライフスタイル情報サイト「CONEKUTO」をオープンしました。 相続、事…

アーカイブ

大阪で土地活用なら進和建設工業
ページ上部へ戻る
Retro jordans for sale, Cheap foamposites, jordan retro 5, cheap jordans for sale, foamposites For Sale, jordan retro 12, jordan retro 11, Cheap jordans for sale, jordans for cheap, jordan retro 11 legend blue, retro 12 jordans, cheap soccer jerseys, Canada Goose sale, cheap jordans, cheap jordan 12